骨移植などの高度なインプラント治療の名医を教えます

HOME » 骨移植を行う名古屋近郊のインプラント治療院 » 名古屋メデント歯科センター

名古屋メデント歯科センター

こちらの歯科センターの伊藤正夫院長は、名古屋メデント歯科センターの院長でもあり、医療法人メデント会の理事長でもあります。
テレビ、ラジオにも多数出演、取り上げられているほど評価のある日本でも屈指のインプラント外科医です。

院長自身が日本口腔外科学会専門医日本歯科麻酔学会認定医歯科学研究所インプラント認定医などの資格を取得しているのは当然のことながら、今までに多数のインプラント歯科医師の教育も行ってきた、インプラントの第一人者でもある先生です。
HPを拝見すると、「現在までに200人以上のインプラント歯科医を教育し、世に送り出した」とのこと。まさに歯科医師の先生の先生ですね。

院長自身も20年以上のご経験で、一万本の実績があるという驚異的な腕の持ち主です。
しかも、交通事故や病気などであご骨の損傷が激しい患者さんなど、大変難易度の高い方々の治療を行ってきているということで、ただ数だけこなした先生ではありません!
次に、その伊藤院長が率いるメデント歯科センターについてご案内します!

名古屋メデント歯科センターで行える治療

名古屋メデント歯科センターは、東海地区における高度歯科治療の集中診療センターとして大きな役割を持ち、最新の設備で先端的なインプラント手術や高度なあご矯正手術を行うことが出来る専門施設です。

インプラント手術、あご矯正手術の他、歯科矯正治療、審美歯科やホワイトニングなどのデンタルケアも行っています。
診療の特徴として、交通事故、インプラントの脱落、歯周病などを挙げられており、一般の歯科医院では行えないような難易度の高い症状を持っている患者さんに特にお勧めしたいセンターです。

ちなみにこちらのセンターで骨移植を伴ったインプラント治療をする場合、以下の手法が用いられます。

  • 薄い上顎洞底の骨を骨折させて人工歯を固定する「サイナスインパクション」
  • 自家骨やカルシウムの結晶を詰めて骨化させる手法「ウィンドウテクニック」
  • 自家骨とカルシウムの結晶を混合し、露出したインプラント面を覆う「ガイデッド・ボーン・リジェネレーション=GBR」
  • 歯槽骨をストレッチして、歯槽骨と歯肉を延ばす「ディストラクション・オッセオジェネシス」
  • オトガイや下顎の後方、腸骨(腰骨)、頸骨(足の骨)、頭頂骨から採取した移植骨を用い、細いチタン製のネジで固定する「ブロック・ボーン・グラフト」

少々、敷居が高いかも?

お伝えしてきたように、院長の高度な技術、特出した専門施設であることはお解かり頂けたかと思いますが、一般の患者さんが普通に診てもらうには少々敷居が高い感じを受けたかもしれませんね。

実は私がこのメデント歯科センターを泣く泣くランク外に置いた理由も、その点が引っかかったからです。
歯科医師の先生の教育施設としても力を注いでいるセンターなので、院長の実力も社会的な貢献度も高いと思うのですが、だからこそ、余計に一個人がインプラントの治療に訪れていいものかと悩みます。
ちなみに診療時間も記載がないので、交通事故などの大きな症例や、他の歯科医師の先生の紹介がないと難しいのかもしれません。
ただ、相談や問い合わせはHPからも出来ますので、気になる方は調べてみて下さい。院長の腕は確実ですので、難易度の高い症例の方は是非、お勧めします!

こちらの歯科センターの基本情報

ホームページ ◆名古屋メデント歯科センター
【住所】愛知県名古屋市千種区今池1-8-8 今池ガスビル5F
名古屋メデント歯科センター公式ホームページ
診療時間 診療時間 記載なし。
診療科目 インプラント治療
審美歯科
矯正歯科
URL http://www.medento.com/index.html
 
ページの先頭へ