骨移植などの高度なインプラント治療の名医を教えます

HOME » インプラントで骨移植する場合の基礎知識

インプラントで骨移植する場合の基礎知識

インプラントの治療を受けたい!とは思っていても、治療内容の不安や疑問は尽きないと思います。
しかも、歯科医院で「インプラントの前に骨移植が必要です」なんて言われたら?

「骨移植って?インプラントの前に手術って?」そんな感じの方のために、ここではインプラントの基本に触れていきたいと思います。

なぜ骨移植が必要なのか、必要になる人はどんな人なのか、また、骨移植、骨造成の手術を行う際に注意して欲しいポイントを挙げていきます。
わかっていそうで、「なんとなく…」のインプラントについて、ここで見直してみましょう。そしてその上で、納得のいく治療が受けられるようにしましょう。

その他に、「骨造成・骨移植」といっても、患者さんのあご骨の状態によってはその手術の種類、内容も豊富なんです。
こちらでは、代表的な以下の補助手術の内容について簡単にご説明します。

  • ボーングラフト
  • 骨誘導再生法/GBR 法( Guided Bone Regeneration )
  • サイナスリフト
  • スプリットクレスト

様々な手法を知っておくことで、自分にどんな治療が施されるのか知ることもできます。
ぜひ、ここで骨移植治療について分からないことを、解決しておきましょう。

 
ページの先頭へ